漣編集室の給湯室

漣(さざなみ)編集室から小説の話やどうでもいい話をお届けします。

それは突然のイベント情報

f:id:marita404notfound:20180420024510j:plain

 仕事がたてこむというか、感情がたてこんでおり、世界が見えていないうちに4月も終わりかけてしまいました。たいへんなことでした。これはやばい、というところまで行ってはおいしいハンバーグに助けられたり、友達に救われたり、鍋焼きうどんを夢見てやり過ごしたりしていました。


 そんなことで、と思われるかもしれませんが、地獄はまあまあ近くにあるので、ちょっと行くのがもう危ないわけで、だからちょっと引き返すのは大事みたいです。小説や短歌をすこしつくって、小説を少し読んで、ゲームをだいぶやって、コーヒーをたくさん飲んで、ソルティライチはまだ飲んでいません。感情の方が立て込んでいるわけですから、小説や詩は助けになるというよりよりいっそうヤバい場所にわたしを追い込んでくれたようなところもあり(そういう本を選ぶからだ)でもそういうところも含めて、好き…

 

 そして申し込んでいたイベントがいろいろ近づいてきたので何にもしてないけど告知です! サークル名「漣編集室」です。委託だよー。 ↓ウェブカタログだよー。

 

◎5/27 文学フリマ金沢(委託01)

https://c.bunfree.net/c/kanazawa04/6F/%E5%A7%94%E8%A8%97/1

 

◎6/10 静岡文学マルシェ(委託02)

https://plag.me/c/shizubun_marche02/1F/%E5%A7%94%E8%A8%97/2

 

◎7/16 テキストレボリューションズ(委託のどこか)

https://plag.me/c/textrevo07/1430

 

「キンコ・ビーチ」と「きこりのむすこでゆうしゃのササク」は全会場お預けできるかなと思っております。ササクはそろそろ完売かもしれません。怪文書です。
まりた作品のお試しにおすすめの小さな作品集「りす・りす」(国東名義でてのひら怪談やふるさと怪談などに投稿した作品なども含まれています)と、とにかくみんなに読んで欲しい、そしてキンコについてもっと話し合いたい「キンコ・ビーチ」もよろしくお願いします。こちらは愛についての大人の小説、といえると思います。たぶん。
紹介ページを作ろうとしてできぬまま1年がたとうとしています…

 

5/6の文学フリマ東京には新作の小説を寄稿しました本が出ます。すごい。
オカワダアキナさんの「修復と蘇生のアンソロジー 金継ぎ」に「夜明け」という説明しがたい女の短編小説を書きました。「ザネリ」さんというサークル名ですよ。
https://c.bunfree.net/p/tokyo26/10392


それから「俳句と超短編」さんの最新号にも載っている。確か。超短編です。すぐ記憶が曖昧になる。3号からずっと「国東」名義だったのですが今回は「国東(杏蜜)」ということで短歌の名前に近づきました。括弧付きなのは自信のなさ(人生すべてに)
https://c.bunfree.net/c/tokyo26/1F/G/26

 

心を強く持っていろいろ、頑張っていきたいです…


静岡文学マルシェでは無料のポストカード(ポストカードギャザリングという企画があるのです)テキレボ7ではちょっとした新刊、ができたらいいなあと思ったり思ったり思っていますのでよろしくお願いします。ばたり。