漣編集室の給湯室

漣(さざなみ)編集室から小説の話やどうでもいい話をお届けします。

いくら言っても足りないお礼とぐるぐるした近況

f:id:marita404notfound:20171118184247j:plain 

10月28日の浅草でのテキレボ6、11月3~5日の大分でのZine展inBeppuとありがとうございましたー。たくさん手にとって頂きまして、読者のみなさま、お手伝いくださったみなさま(特にテキレボ6では売り子をしてくださった橘さん)イベント主催のみなさまにはどのようにお礼を述べていいか……。本当にありがとうございます。これからもたくさん書きますので、ぜひ並べてね、立ち読みだけでもぜひしていってね。いや、ほんとに。毎回言いますけど。
 これで9月の文学フリマ大阪からのイベントラッシュも終わり、わたしも少しだけ落ち着いていろんなことを振り返り、来年からのイベント計画をたてる、予定です。まあ、予定ってね、予定です。
 あと今書いているものもきちんと整理したい。それから大阪てのひら怪談にはどうしても投稿したいです。まだ何も考えていません。


 そして通販のお知らせなんですが、いままでBOOTHのあんしんBOOTHパックを使っておりました。これはお互いの住所を知らないで通販出来るというサービスでして、これはなんといいますか、ネットもツイッターも長いものですから、誰が買ったの買わないの感想を言ったの言わないのでお気を使わせるんじゃないか、そりゃあ買ってもらえればありがたいけれど、いや、ほんとに、どうかお気遣いなく、でも買って欲しいー(本音)でも気をつかわないでー、というぐるぐるした気持ちのために使っておりました。
 なんですけれども、このたび新たに「架空ストア」さん http://store.retro-biz.com/ と「アリスブックス」さん http://alice-books.com/ で漣編集室の本を扱っていただくことになりましたので、本当に気兼ねなく、買って頂いて、読んでいただいて、つまらなければ感想も言わなくていいし、まあでも次は面白いかもしれないから買ってみてよという(なぜか本音が出る) そういう仕組みを作っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。架空ストアさんは店舗もございますし、アリスブックスさんは海外通販にも対応しているようです。すごい世の中だなあ。
 さて、2018年の手帳も買ったし(ほぼ日手帳3年目になりそうですよ)頑張っていろいろ計画しますか。小説の投稿もしたいし、いや、これはどうかな。どうだろう。落ちると結構HPが削られるんですよ、ああいうのはね。ほんとはね。わたしは駄目なやつなんです。
 家にいながらできそうな、面白そうなことがあったら教えてくださいね。同人生活も2年目になったら、そりゃあもう、準備もばっちり、いろいろなんか、わからんけど、お手伝いしていけたらいいですね!(希望)
 なんかぼやーっとした自信のない記事でごめんなさい。寒いといつもこんなふうです。写真は台風が去った後のわが村の海です。